gs美神 スロット

gs美神 スロット

……ま、いつの時代も、大人の想像を逸することをしでかすのが、子どもなんだろうけど」 ため息混じりに苦笑した糸原は、怪訝に眉を寄せている優樹に目を戻し、取り繕うように笑った

「先生に力があれば、暴走する生徒たちを止めることが出来るんだろうけど……、あいにく、誰も先生の言うことは聞いてくれない

……原田先生にも疑われたし、キミたちもこうしてやって来たし……、なんとかしてあげたいのは山々なんだけどな

先生が注意したところで、聞き入れてはくれないよ、きっと」 無念さを滲ませた笑みで軽く首を振られ、優樹は少し視線を落としたが、間を置いてそっと彼を窺った

あなたも好きかも:三洋 咲 スロット
「先生は……奉仕屋が嫌いですか?」 更に突っ込んだことを尋ねられ、糸原はキョトンとして苦笑した

「好きだったり、嫌いだったりかな

でも、今のキミたちは好きだよ

本当に一生懸命だし、生徒たちのためにたくさん動いてくれるから

あなたも好きかも:たまプラーザ パチンコ 閉店
嫌う理由はどこにもない

だろ?」 笑顔で相槌を問われて、優樹はぎこちなく笑った

その時、「糸原先生ーっ!」「イトヤンー!」と、グラウンドの方から複数の呼ぶ声が聞こえ、糸原は「あっ……」とそちらを振り返って、慌てて優樹に目を戻した

「そろそろ行かなくちゃ

悪いな、話の途中で」「あ、いいえっ」 腰を上げた糸原を追って優樹も焦って立ち上がると、ペコリと頭を下げた

「部活中にすみませんでしたっ……」「また今度ゆっくり話をしよう