スロット シュタインズゲート 導入店

スロット シュタインズゲート 導入店

 それと同時にゴロゴロという音が響き、辺りには霆《いかづち》が出現した

 その霆《いかづち》は雷速で空気を熱しゴロゴロという破裂音を大きく響かせ続ける

そして辺りには雷光と共に熱が奔り去った

「成る程な……俺が重力を使うのを見越し……その瞬間に雷雲を出現させた

不死身の君は全くダメージを受けないけど、不死身じゃない俺はダメージを受ける

……って魂胆だったのか……

そして俺はまんまと策に嵌まった訳だな……」 曇天の雲が晴れ、黒く焦げたウラヌスが姿を現す

あなたも好きかも:エヴァ パチンコ アプリ おすすめ
 その身体に傷は無い

しかし内部が爆ぜている事だろう

あなたも好きかも:パチスロ おそまつくん
 その証拠に雷に打ち抜かれた際に血液が沸騰し、血管が破裂した痕が見受けられる

 それは稲妻模様のタトゥーのようになっており、内出血を起こしているのか青紫色に変わっていた

「ふふ、中々の余興だろう? 貴様を敗北へ進める余興のな……」 ある程度ダメージを受けた様子のウラヌスへ向け、言葉を返すエマ

 エマの身体は再生し、傷が完治した

あなたも好きかも:パチスロ 検索
「……にしても、貴様が時間を止めれば避けられたんじゃないか? あの程度の霆《いかづち》なら……」「ああ、だが時間を停止させるのにも数秒掛かる

その数秒より早く俺が気付けば良かったんだが、反応が遅れてな……」 エマがフッと笑って話、それに返すウラヌス

 時間を停止させる為に数秒要するとはこれ如何にと思うが、時間停止は重力魔術の延長線

なので相応の時間が必要なのだ

「さて、続きと行こうか……」「ハハ、やってやろうじゃねえかよ!」 刹那、ウラヌスは加速し、エマの前に躍り出る

 その拳はエマの顔にめり込み、エマを吹き飛ばした