Master Joker

Master Joker

 足の辛さはすでになくなっており、これならもし見つけてもすぐにあの歩き方を始められると確認する

あなたも好きかも:カジノ 大小 ルール
 レミは丁度貴族街の前まで来ていた

 そこは大きな門に阻まれて、中すらあまり見えない

 唯一見えるのは、門から見せるごく一部の背景だけだ

あなたも好きかも:ネッテラー ログインできない
 貴族ではない下町の民は、ここにはいるだけで罰則が下る

あなたも好きかも:美ら沖 スロット
 そこまで厳しくする必要があるのか疑問ではあるが、一般の人も貴族街に入ることが出来れば、貴族を狙った犯罪も増えそうだ

「にしても……大きいなぁ……」 一体どれほどの高さがあるのだろうか

 自分が五人縦に並んだとしても、一番上に手が届きそうにない

 こんな無駄な建築物に一体何の意味があるのだろうかと思いながら、レミは勇者一行を探す続きを開始する

 まずは聞き込みだ

 周囲の人を探して勇者一行のことを知らないかと聞いてみる

「すいませ~ん」「なんだい?」「勇者様にお渡ししたいものがありまして……どこに行けば会えるでしょうか?」「ああ、あの門から出てくるのをいつも見るよ

ここにいれば会えるんじゃないのかな?」「おお、本当ですか! 有難う御座います!」 目撃者が居たのは幸運だった

 これならここにずっといれば、足取りを掴むことが出来そうだ