グーーール!!

グーーール!!

 未だ平行線なのか? と、生美たちからも視線で問われ、優樹は「……はは」と引き攣った笑みを浮かべた

「出来れば一緒にいたいし、どうにかならないかなって思ってるンだけど……、お父さんも、流君のトコのお義理父さんも許してくれなくて」 ため息混じり、脱力気味に肩を落として視線を落とすと、生美も深くため息を吐いた

「やっぱ、流の勉強のこと?」「うん……、そうみたい」 優樹は再度ため息を漏らし、拗ねた面持ちでゆっくりと天井を見上げた

「高校卒業したら一緒に暮らせるようにって、流君はなんとかするって言ってるけど……無理かなぁ

やっぱり、お勉強の邪魔になっちゃいそうだし……」「オレ、優樹がこのままいてくれた方がいいんだけどなー」 気落ちする優樹とは違って白川は目を据わらせながら口を尖らせ、クマのユーキを抱き寄せて腕を振った

「流ントコ行ったら、こんな風に会えなさそうじゃーん

あなたも好きかも:パチンコ 並び順
流に門前払いされそうだしさー

だから、今のままの方がいいなー」 拗ねた声色でユーキの腕を上下に振る

あなたも好きかも:リング 呪い スロット ゾーン
 寂しがる彼に優樹は苦笑した

「ホント、マー君がパパだって、子どもたちが勘違いしちゃうかも」「パパですよーっ」 パッと笑みを溢すなり、身を乗り出してお腹に向かって告げる

そんな白川の気配を斜め後ろから感じた加奈は彼を振り返ってニヤリと笑った

「流に言おうーっと」「第二のパパですよーっ!」 反町の嫉妬に恐怖を感じたのか、慌てて言い直す

 そんな白川に噴き出し笑った生美は、同じく笑っている優樹に目を戻して首を傾げた

「入籍は? コレもやっぱり高校卒業後?」 ――優樹の気配が止まった