三つ目がとおる ブラックジャック

三つ目がとおる ブラックジャック

炎が消えただけで、すべてが元通りになるはずもないのだ

 セツナの視界に映るのは、焼き尽くされ、廃墟と化した町並みだった

黒く焼け焦げた建物の群れが、さながら葬列のように沈黙している

 燃え尽きた木も、風に吹かれて灰を舞い上げる

街は焼き尽くされていた

炎を取り除くには遅すぎたのだ

もっと早くここに来ていれば、こんなことにはならなかったのか

 無意味だったのかもしれない

 セツナは、矛に寄りかかるようになりながら、自嘲気味に笑った

あなたも好きかも:バナナ・ジョーンズ
もはや彼の体力は、肉体支えるほども残っていなかった

あなたも好きかも:笑うせえるすまん3 スロット
 あとは地面に崩れ落ち、意識を失うだけだろう

そして、それは彼の人生の最後なのかもしれない

 火竜娘の炎が焼いたのは、セツナの全身だ

全身が焼け焦げている

大火傷、などという言葉すら生温いのではないか

それほどの熱量が、皮膚の下で燻っている