蒼天 の 拳 2 パチンコ

蒼天 の 拳 2 パチンコ

別に深ぁ考えてヘンけど……」「みんなが心配してる、それだけなんだ

……ただでさえ、翔太先輩がどうなってしまったかを知ってるんだから」「……

そやけど、オレは先輩と同じようにはならへん」「……そう信じたい気持ちは、みんなが同じなんだ」「……」「似てしまったのは不幸だけど、でも、それに逆らう事は出来ない

……今、誰が一番怖がってるか

……それはおまえだろ?」 一平の目蓋が揺れ、それを視界の隅で感じ取った反町は深く息を吐きだした

あなたも好きかも:野獣先輩 パチスロ
「それでいいんだ

……こんな状況で平気なヤツはいない

だからオレたちだって、なんとかおまえの為になろうって思ってるんだから

あなたも好きかも:花菱 パチンコ
……無理して強がることはないんだ

オレたちは、おまえの傍にいるんだからな」「……」「それに、もし、おまえがホントに仲間思いなら、……優樹の事が仲間として好きなら、あいつの為にもここは耐えろ

……もし、今おまえ自身に何かあってあいつを泣かすようなコトしたら、その時はおまえを病院送りにする」 「仲間として好き」を強調しつつ脅され、一平は少し間を置いて苦笑した

「……はぁ

はいはい

あなたも好きかも:利根 スロット 艦これ
……おとなしぃ言う事ききますわ……」 反町は「よし」と大きく頷いた

「ほな一平、着替え取りに行くかー」「……しゃーない

……行ったるわ」 大介の言葉に嫌々そうに答える