ゴム 管 パチンコ

ゴム 管 パチンコ

エレオノールも敬礼を返す

「ああ、その通りだ」「大要塞《トール・フェストゥ》司令部からご連絡です

アンスバッハ公爵《ヘルツォーク》に御用があるのでお越しくださいとの事です」 セリュリウス聖王国の首府たる聖都は、四つの区画《ブロック》に分ける事ができる

 まず、ウォルツシュタイン城を取り囲むように門閥貴族の屋敷が聳《そび》え立つ権力の中心地、中央部

 門閥ではない貴族の屋敷、または門閥貴族の別邸が並ぶ北部

 西部から南部にかけては庶民が多く住み市場で賑わう市街地

 そして、西部はその区画《ブロック》丸ごとが城壁に囲まれる軍人の町、大要塞《トール・フェストゥ》となる

あなたも好きかも:ヤマダ電機 スロットマシン 2020
 椿とエレオノールは、その大要塞《トール・フェストゥ》の中を歩いていた

「区画丸ごと城壁に囲まれてるなんて凄いね…」「元々はここが聖都の中心だったらしい

七大国が成立する前の、戦乱の時代の話だね

あなたも好きかも:パチンコ アリア 覚醒 評価
けれど世の中が平和になって、ウォルツシュタイン城が建てられ…そこが新たな中心となったという訳だ」「広くて、結構ゴチャゴチャしてて…僕ひとりだったら迷いそう」「ここは北部要塞と並んで、聖王国でも特別巨大な要塞だからね」 要塞の中は、兵の暮らす兵舎、食料や武具を貯蔵する倉庫、軍馬を飼う厩舎などがひしめいている

しかもそのどれもが灰色の煉瓦に赤茶けた屋根という、同じような外観で…ふと、自分が同じところをぐるぐると回っているような錯覚に陥る

「だが、迷いそうな時は、あれを目印にすればいい

ほら」 と言って、エレオノールは前方斜め上に目を向けた

そこには、同じような外観の建物の中でひとりだけ自己主張するかのように青色の尖塔が四本突き立っていた

「あの塔の中心が司令部…キルヒナー城だよ」 キルヒナー城は、戦乱の時代に建てられたというだけあって無骨な印象を受ける建物だった

中に入ると、二人はしばらく待たされて…その後、部屋に案内された

部屋の中では顔色の悪い男が椅子に腰掛けていた