ガルパン スロット 設定差

ガルパン スロット 設定差

「おや、懐かしい顔だ」「どうも! お久しぶりっス、タガネ先輩」「おまえさんもな、ミシェル」 くい、と女性が鍔を指で押し上げる

 あどけない少女のような仕草で彼女――ミシェルは朗らかに笑った

 タガネの知る、数少ない無害な女性

「いやあ、ここで出会えるとは」「おまえさんも旅かい」「ええ

あなたも好きかも:パチンコ 花の慶次 雲の彼方に
 たまにベルソートの弟子として世界を渡り歩いてるんスよ」「そりゃ可哀想なこって」「外聞は良いだけで、敬うのを躊躇う人っスもんね」「まったくだ」 ミシェルが諧謔を含む声で揶揄する

 タガネは深くその言葉に同意した

「それで、タガネ先輩は?」「任務中だ……………ちっ」「あ、そういえばこの前だけど、アタシ誕生会に参加して来たっス」「…………誰の」「アヤメ嬢、大きくなってたっスね!」「…………」 タガネは目眩を覚えた

 ミシェルの笑顔が今は眩しく見える

 アヤメの大きくなった姿――家族の成長というものを、タガネが如何に密かな楽しみとしているかを知らずに語っていた

あなたも好きかも:パチンコ 流儀
 ベルソートならば刎頸の沙汰である

あなたも好きかも:パチスロ gantz 打ち方
 怒りを堪えてタガネは咳払いをした

「そういえばミシェル」「はい」「一つ相談がある」「結婚スか?――ジブン、愛人枠でも先輩なら許容できるっスよ」「これ以上、俺を怒らせたくなかったら黙って聞いてろ」「はい」 あまりの気迫にミシェルが素面で返事をする

 余裕の無い、鬼気迫るタガネの表情に命の危機を悟った