パチンコ 33eyes

パチンコ 33eyes

 といってもくまなく全てを見ているわけではない

 既に動かない原因の大元に当たりを付けてあるので、その部分まで探りに行っているのだ

「ああ、あった

これこれ」 作業をしている間に隣に来ていたイスナーニに、考助は問題の箇所を示した

「確かに

これでは駄目でしょうね」 イスナーニもそれを確認して頷いた

 考助が示したのは、施設の中でも神力を扱っている部分と魔力を扱う部分を連携している所だ

 そもそも神力の扱いがわかっていない職員たちに、この部分のミスに気づけと言うのが無理なのだ

あなたも好きかも:北斗 スロット 初代
 前もってイスナーニ辺りがテストをしていれば、直すのは無理だとしても気付くことは出来ただろう

 後は、その部分の修正のために、こっそりと考助に来てもらえばよかったのである

あなたも好きかも:スロット スーパービンゴネオ 動画
 といっても、それは今更の事だ

 折角直接触れる現場に来ているので、考助はこの場で修正することにした

「ええと・・・・・・」 そう呟いた考助は、色々と魔法陣に修正を加えていく

 一カ所だけ直せば済むわけではなく、それと繋がっている部分も直さなければいけないのだ

 普通であれば、そんなに簡単に治せるはずのない修正なのだが、考助はあっさりと直してしまった

 もしこの場でメンバーの誰かがそのことを突っ込めば、考助は「慣れだよ慣れ」と答えただろうが、この場でそのような突込みをする者はいなかった

 ただ単純に、さすが神だ、と思われただけだった