スロット 新台 アニメ

スロット 新台 アニメ

「……目的の……ためなら……貴様らの……限界である ……一方通行の……時間すら……超えて ……行こうと……無茶を……する……ところも ……好きだ……」「うぅ……分割された再生能力はマイカちゃんの身体に 吸ったのね……」美射は小汚い小屋の板張りの床を見つめて呻いてブツブツと呟いている

「……でも……私も……私の……目的が ある……すまんが……貴様に…… 強すぎる……力は……今は……与えられん……」マイカはポンポンと美射の肩を叩くと 「……これ……好きだ……」と自分の着ている制服を指さして、扉を開け小屋から出て行った

あなたも好きかも:塩山 パチンコ
「……ま、また振り出しかぁ……」美射はゆっくりと立ち上がった

早くもメンタルが立ち直ったらしい

あなたも好きかも:一宮市 パチンコ 店 営業
「いや、振り出しとか言わないで もう余計なこと企むのをやめてくれよ……」「う、うん……でもなんかムカつかない? 自分の力以外の大きな何かに 動かされてるのって」「……その力が信用できるかどうかじゃないのか?」「えー?信用できるかできないか関係なく ムカつくでしょー?」「……お前のその性格のせいで 俺がどれだけ今回 無駄な苦労をしたと思ってるんだ……」いい加減、ふざけないで欲しい

勝手に死んで、その死と俺の能力を使って自分のパワーアップを企むとかどれだけ最低なのか

「えー、全部但馬のためですしー? 私が強いほうが、あなたを助けられるでしょ?」「……」俺は黙って娘の手を引き小屋から出ていく「ちょっと待ってよー!」その背後から美射も慌ててついてきた

小屋から出て大きく片手を伸ばす

「良かったねー

あっ、おうちでテレビ見ない?」ナーニャが微笑みながら言ってくる

「テレビ?」「うん

テレビだよー

 新しいおうちをマイカさんがくれたんだけど この近くから行けるのー」「そうなのっよっ!」美射が背後からしゃしゃり出てきた