扶桑 パチンコ 求人

扶桑 パチンコ 求人

あ、もう一匹増えたんだけど、いいか? ……いいだろ、それくらい

あなたも好きかも:スロット まどか マギカ 天井 恩恵
ちょっと聞いてみてくれ

……ああ、頼む

……よし

じゃあ、校門の所でな」 携帯電話を切ると、立花は深く息を吐き出してみんなの元に戻ってきた

「こいつらの飼い主が決まったぞ」 切り出された言葉に、みんなが彼を振り返った

「美代子が探して置いてくれた

犬好きが居るらしくって、ソイツに頼んだら、ぜひ欲しいってさ」「……二匹、……離れちゃう?」 優樹が寂しげに見上げると、立花はため息混じりに苦笑した

「二匹まとめて面倒見てくれるそうだ」 やったー! とみんなの顔に笑顔が戻り、優樹も嬉しそうに白川の顔を覗き込んだ

「よかったね、マー君っ」 白川は小さく頷くものの、目を逸らしたままでぎこちない笑みを見せる

あなたも好きかも:スロット 負ける時期
「……よし

校門のトコで待ってるから、連れて行くぞ」 立花の合図で、白川と一平がまた子犬を抱き上げ、校門へとみんなで向かう

その後ろの方、フラつく優樹を、華音がそっと腰に手を回して支え、反町もその横に並んだ

 一行がゾロゾロと校門へと向かい歩く中――

白川が寂しそうに子犬の頭に顔を寄せると、子犬もそんな彼を見上げようとして頭を動かし、ペロペロと顎を舐める

懐いてしまっているその様子に、斜め後ろを歩いていた大介と鈴菜はチラリと互いに目を見合わせ、深く息を吐いた

 部活動生たちの間を抜け、校門までやって来ると、そこには美代子と見知らぬ女生徒の姿があった

 美代子は笑顔でみんなを見回し、二匹の子犬を見つけると「あぁあぁ」と、呆れ気味に苦笑した

「他にはいないでしょうねー?」「この二匹だけだ」 無愛想に立花が告げると、美代子の側にいた女生徒は二匹の子犬を交互に見て近寄り、笑顔でその頭を撫でた