パチンコ 和歌山 休業

パチンコ 和歌山 休業

 それほどは……」と言ったメイリンが、遠くに灯火に照らされた青い城を発見して驚いた顔をする

「綺麗ですね……」 「ほんとだな」 俺も少し驚く

街の中心部の広くなだらかな丘に沿うように作られた、壁が低く、全体が青く塗られた城は煌々と灯火に全体が照らされて、その全貌を夜空に晒している

「リシュ城でしょ!?知ってるよ!!森で聞いたことある」ナンスナーが顔を出して騒ぎ出したので メイリンが提灯をもって居ない手で覆って隠す

「リシュ城?」 「元はウキナワを支配していた王族が造った城です」 メイリンが青い城を見て歩きながら説明してくれる

「元々は別の国だったんだ」 「はい

あなたも好きかも:フルーツ・マニア
かなり昔にナホンとして統合される前は ユウリュウという国だったらしいです」 「そうだったのか」まるで日本と琉球みたいじゃないかと俺は乏しい歴史の知識を参照しながら考える

あなたも好きかも:大使 館 カジノ
「あ、ナンマルさんたちが手を振ってますね」メイリンが近くの宿屋の前で立ち止まったナンマルたちを見る

「今日はここで泊まることにするでござる」 宿屋の"泊まりどころ 青城"と書かれた看板を指差す

あなたも好きかも:スロット 名 機 ランキング
全員で開けっ放しの玄関から入ると すぐに中年の前掛けをした女性店員が寄ってきて「二部屋しかもう空きがないところで、ちょうどよかったですねー

 五名様で二部屋ですねー

二階のお部屋にご案内ー」と店の奥へと声をかけると有無を言わさず俺たちを宿屋の二階奥の部屋へと強引に案内して行ってしまう

「ではーお夕飯は一時間後にはお持ちいたしますのでー」 「あ、はい……」すでに食べたと言う暇も無かった