veracity

veracity

あなたも好きかも:パチンコ vstとは
「先輩」「なんだ」「明日から蕎麦だけで生きてくっス」「味噌汁はどうした」「女って刺激的な物には弱いんスよ」「そうかい」 タガネは隣を盗み見る

あなたも好きかも:ギルクラ スロット art セリフ
 アカツキも完食していた

 椀に対して合掌(がっしょう)し、食後の礼をしている

タガネの視線に気づくや背筋を正した

「美味かった」「私が作ったのではありません」「紹介したのは、おまえさんだ」「…………」「礼を言っとくよ」 タガネは代金を卓上に置いた

 引戸を開けて、去り際に振り返る

「余暇(よか)がありゃ、また来るよ」「まいど!」 全員で店を出た

 再び外に立って体を伸ばす

「さて、次はどこかね」「次は、この国の人形細工(にんぎょうざいく)です」「人形」「海外(そと)とは、少々趣(おもむき)が異なっています」「そりゃ楽しみだ」 アカツキが歩み出す

あなたも好きかも:6号機 ジャグラー
 その後ろに三人は続いた

 先頭のアカツキにミシェルが並ぶ

「アカツキくん、何歳っスか?」「先月で十に」「へえ、その歳で兵士って立派っスね!」「同じ歳の兵は幾人かいますが、私は少し事情が異なります」「どうして」「これ以上は禁じられております」「ぶう、吝嗇(ケチ)っス」 ミシェルが唇を尖らせる

 アカツキが微かに眉を下げた

「ご気分を損ねたのなら謝罪します」「ほんとっス、謝ってもらうだけじゃ許せないっス」「罰は如何様にでも」「罰て」「『客人に非礼あるべからず』、これが私の任務の内に含まれてますので、これに抵触(ていしょく)すれば罰は当然です」「ええ……じゃー」 ミシェルは顎に指を当てて考える

 数呼吸の間が開いて

 彼女はアカツキの首筋に後ろから腕を回して抱きしめた

「なら、お姉ちゃんって呼んでくれたら許すっス」「お姉……」「頑張れ、がんばれ」「お姉、ちゃん」「何スか、アカツキくん」 アカツキの頬を指で突(つつ)く

 無表情だった幼い面相が困惑で揺らいだ