スクロールズ・オブ・アフロディーテ

スクロールズ・オブ・アフロディーテ

そろそろ師匠に一発入れてもおかしくないですよ」「・・・最近になってようやく康太が私の顔に一発入れたというのに、お前がもうそこに至るとでもいうのか?身の程を知れ馬鹿弟子め」小百合の殺気が強くなるのを神加は感じ取っていた

康太に顔面に拳を入れられた時のことを思い出したのか、明らかに不機嫌になっている

これはこのまま八つ当たりされる流れだなと、神加はあきらめながらも集中を高めていた

あなたも好きかも:対馬 パチンコ アイリス
気を抜けば一気に気絶させられる

間違いなく、確実に

あなたも好きかも:スロット メーカー アプリ
「バカ兄貴にしてやられてご立腹なのはわかりますけど、あたしに八つ当たりはやめてほしいなって思いますけど」「何を言うか、これは八つ当たりではなく師匠から弟子への愛の鞭だ

せいぜいいい声で泣き喚け」「本当に・・・師匠の風上にも置けない人ですね・・・!」「風上に居ようとは思わん

そんなところにいるメリットはない」そう言いながら小百合は神加めがけて襲い掛かる

今日は何分もつかなと、神加は一瞬考えて小百合の攻撃を何とかしのぎ切ろうと集中を高めていた

日曜日なので二回分投稿これからもお楽しみいただければ幸いです

冷たい水が顔面に襲い掛かる

僅かな衝撃と、冷気によって肌を襲う鋭い感覚

それらが一気に神加の意識を覚醒させていた

神加の目に映ったのは、よく見た天井だった

何度も見た、そして何度も見上げた天井であると気付くのにそう時間はかからなかった

意識の混濁と同時に、わずかな記憶の齟齬がある