酔わせてキャバ嬢3 スロット

酔わせてキャバ嬢3 スロット

 誰が選んでも角が立つような状況では、トワが推薦を出すのも当然といえるだろう

あなたも好きかも:カジノ・ゾンビ
 ミク以外にも候補者はいるのだが、その話を持ち掛けられたトワは、まず初めにミクの顔を思い浮かべた

 ミクなら誰かのひも付きになっていないのは確実で、演奏に関しても最初の演奏者としては大いに話題を呼ぶことができる

 問題があるとすれば話題になりすぎることだが、それも含めて考助たちに相談しに来たというわけだ

  トワの話を聞いた一同は、納得の表情で聞いていた

 ミクのストリープの演奏は確かに危険な面もあるので、いつまでも表に出さずに個人的に演奏させるだけならずっと隠し続けてもいいのだが、考助と女性陣はそんな悲しいことにはなってほしくはないと考えている

 ミクが表に出たくないというのであればそれを尊重するが、最初から選択肢をなくしてしまうつもりはまったくない

あなたも好きかも:パチンコ エロ 話
 それを考えれば一度は外に出さなければならず、その意味で今回トワが持ってきた話は絶好の機会といえる

 問題があるとすれば、いまのミクの演奏がどの程度になっているのか、この場にいる誰も把握をしていないということである

「一度、ピーチとフェリシアに話を聞いたほうがいいかな?」 そう結論付けた考助に、他の面々は同意大きく頷くのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ ピーチとフェリシアの話を聞くために、シュレインがサキュバスの里に行き、すぐにふたりを連れてとんぼ返りしてきた

 ふたりを管理層に呼ぶために、シュレインは道すがらミクの件を話してある

あなたも好きかも:パチスロ 青鬼 フリーズ確率
挨拶はいいから

フェリシアは、今回の話はどう思う?」 顔を合わせるなり頭を下げようとしたフェリシアを止めた考助は、単刀直入にそう切り出した

 その考助の言葉を受けたフェリシアは、ひとつ頷いてからミクの現状について話し出した