テーブルゲーム ソロ

テーブルゲーム ソロ

元より第9軍団の砲兵及び軍団麾下ヘッセン(第25)師団砲兵に属する弾薬馬車は往々にして砲兵の前進に尾いて行くことが出来ず、特にキュセ森南方で砲列を敷いていた諸隊は砲弾を撃ち尽くして後退せざるを得なくなっていました

 これに反してその北方で戦った近衛軍団砲兵の一部中隊は、戦闘が激しくなって来ると砲兵弾薬縦列第一梯団を至近まで呼び寄せ、装填する砲弾・弾薬は全て直接弾薬縦列から取り出し、砲の前車や自身の弾薬馬車に積んでいた弾薬に手を付けず在庫を確保するという頭の良い行動をするのです

グラヴロットへの前進 この8月中旬の両大会戦で消費された独軍の弾薬はこの戦争における野戦でも特筆すべき莫大な数量でした

 第3軍団の麾下砲兵15個中隊は普軍野戦規定の通り砲前車と従属弾薬馬車に軽砲中隊は864発・重砲中隊は702発・砲兵弾薬縦列1個に約1,750発のそれぞれ榴弾を用意して会戦に臨みましたが、「マルス=ラ=トゥール」では各中隊平均768発を消費し、うち2個中隊は1,064発並びに1,148発を発射しました

「グロヴロット」では助攻に回った軍団でしたがそれでも各中隊平均274発を消費し、ある中隊は852発を発射しています

同じく第10軍団では両会戦を通じて各中隊平均524発を消費し、その最高数量は「マルス=ラ=トゥール」での1,048発でした

あなたも好きかも:スロット 導入日 設定
ヘッセン師団のうち2個中隊は「グラヴロット」で合わせて1,880発を消費し、第18師団砲兵のうち2個中隊は同様に1,930発を消費しています

あなたも好きかも:パチスロ データカウンター
第9軍団では「グラヴロット」で各中隊平均526発の消費となりました

 第3軍団は8月20日に自身の弾薬縦列5個と他の軍団から緊急に応援として送られた弾薬縦列2個の全てが「空」となるという前代未聞の状況となります

あなたも好きかも:閃乱カグラ 隠しコマンド パチンコ
しかもこの時、積載定数まで弾薬を補充出来たのは重砲中隊の全て(6個)と第6師団の軽砲両中隊のみで、残りの諸中隊(軍団砲兵隊の軽砲2個中隊に騎砲兵3個中隊と第5師団の軽砲2個中隊)はそれぞれ305発の不足があったのでした

 近衛軍団は同じ20日、砲弾薬の残り弾薬縦列半個分のみ、同じく第8軍団は1個縦列半、第10軍団は馬車の員数不足の縦列1個、第9軍団に至っては第3軍団と同じく全てを消費し尽くし、その補充は甚だ困難となっていました

その上前線にあった諸砲兵中隊が大損害を受け下士官兵の多くと馬匹の大部分を失った(第3軍団では馬匹225頭喪失)ため、弾薬縦列から馬匹と兵員を一時間引いて充当しており、しかも弾薬縦列は補給を受けるため当時予備弾薬縦列が所在していた遙か後方のザールルイとフォルバックまで員数不足の曳馬を酷使して困難な行軍を行っていたのです

 セダン会戦に至るまでの第三軍の弾薬補充は、予備弾薬縦列が待機するアグノーやヴァイセンブルクまで取りに行かねばならず、しかもその行軍が予定通りに行かなかったため一時大混乱となっています

 即ち第三軍は仏シャロン軍の行動によって「右大旋回」を行い(70年8月26日)、行軍列の渋滞や前線部隊の行軍を優先するために後方部隊が道を譲ったお蔭で弾薬縦列の一部は従属部隊に続行することが出来ず、また予定より長距離の行軍を強いられ、このためヴルト戦以降員数が極限となっていた馬匹は疲弊が激しく、行軍は遅延に遅延を重ねる始末だったのです