ゴッドイーター スロット やめ時

ゴッドイーター スロット やめ時

 と、シノーペの膝の上で丸まってるビクトールがみゅう、と声を上げた

まあ、お前さんもベンドル出身だしな

「みゅーあ、みうみう、ふみー」「……ビクトール曰く、森の中であれば泉もあるし毒の湧かぬ温泉もあるそうだが」 悪いなあ、テム

あなたも好きかも:パチンコライター ゆうちゃろ
お前の横でかしこまってるエークだけでなく、ビクトールの通訳まで任せてしまって

あとエーク、そろそろ人語話せるんじゃないのか? 知らん顔してるけど

 ま、今は話せなくても問題ないからいいか

それはともかく、ビクトールの意見に対してこちらの推測を述べてみよう

あなたも好きかも:パチンコ 京橋駅
「多分、そこまで行くのに人の足じゃ一苦労どころじゃないんだろ

飛んだほうが早いとか、じゃないか?」「み」 こっくん、と頷いた

やっぱりなー……ビクトールは一緒に育ったきょうだいの中では小柄だったけど、そのビクトールの意見としてそういうことなら人間はもっと行きにくいんだろう

 森の中を歩くのに、人間のひ弱な足より魔獣の足のほうが歩きやすいのは分かるものな

「森を切り開くのも一苦労であるし、そもそもその後長らく暮らせるかどうか、だからな

人の身体は、こういった環境には弱すぎる」「ごもっとも、でござる」 テムの呆れ声に、ファンランが深く頷いた

まあ、自前の毛皮ないし牙も鋭い爪もないし、テムやエークたちみたいに背中に翼もないからな

 ……というか、テムはゴルドーリアの旧王都に降り立った神獣なんだから、ベンドルの魔獣たちみたいに過酷な環境で住んだことないんじゃないか? もっとも、そこを突っ込むつもりはないけれど

 それに、意外と人間は図太いと言うかちゃんと暮らしてたし

「まあ、硫黄が吹き出してるところは少し距離をおいて集落があったし、乾燥地帯も近くの雪渓から雪を取ってきていたし、ベンドルの人たちもそれなりにちゃんと生活できてるんだよな」 俺たちが通り過ぎた道中、いろいろな場所で色々な集落や砦を見た