グラブル カジノ 解放

グラブル カジノ 解放

 彼が問いかけるよりも先に、ソナーを担当していた乗組員が報告する

「リヴァイアサンです!」「くっ………!」 この海域にいるのは敵艦隊だけではない

 災禍の紅月の影響によって凶暴化した無数のリヴァイアサンが、この海の中にいるのだ

あなたも好きかも:ときめきメモリアル スロット
今の揺れはそのリヴァイアサンがジャック・ド・モレーの船体に体当たりした揺れなのだろう

 できるならば反撃したいところだが、ジャック・ド・モレーは沿岸部への砲撃や敵艦隊との砲撃戦を想定した戦艦であり、対潜戦闘は全くと言っていいほど考慮されていない

ソナーは搭載されているため海中の敵を察知することは可能だが、潜水艦への対処は護衛を担当するネウストラシムイ級フリゲートに依存しているため、単独では海中の敵には手も足も出ないのである

 歯を食いしばっていると、乗組員がまたしてもリヴァイアサンが接近していることを報告する

あなたも好きかも:ウォーターフロント セブ カジノ
「12時方向よりリヴァイアサン接近! お、大型です!!」「艦長、リヴァイアサンが艦の真下を通過する直前に錨を下ろせ!!」「い、錨ですか?」 ヴィンスキー艦長は目を見開いていたが、モニターに映っているリヴァイアサンの反応を見て苦笑いした

「1時方向、2時方向、3時方向より魚雷接近! 数、25!」 艦載機たちが投下した魚雷が、25発もジャック・ド・モレーへと接近してくる

あなたも好きかも:グランドハイアットマカオ カジノ
いくら防御力の高いジャック・ド・モレーでも、魚雷をこれでもかというほど撃ち込まれれば転覆してしまうだろう

 しかし、それよりも先にリヴァイアサンが艦首へと激突する方が先なのは火を見るよりも明らかだった

「リヴァイアサン、衝突します!」「今だ、錨を下ろせ!!」 ヴィンスキー艦長が命じた直後、艦首に搭載されていた錨が漆黒の海面へと投下された

 産業革命が勃発し、鋼鉄製の船が航行するようになってからは被害が激減したものの、かつて帆船が主役だった自体はリヴァイアサンによって撃沈される船は非常に多く、リヴァイアサンたちは数多の船乗りたちに恐れられた魔物であった

 そのリヴァイアサンが、ジャック・ド・モレーの艦首へと思い切り激突する

さすがに帆船のように容易く木っ端微塵にすることはできなかったものの、少しばかりはダメージを与えることはできた筈である

 もう一度攻撃するためにリヴァイアサンが潜ろうとしたその時だった

 ジャック・ド・モレーの艦首から投下された金属の塊が、無数の鋭い牙の生えたリヴァイアサンの口の中へと正確に飛び込んできたのである

堅牢な鎖によって繋がれたそれは長い牙と牙の間に挟まって絡みつくと、獰猛なリヴァイアサンを容易く束縛してしまう