バックドア カジノ

バックドア カジノ

その為、被害者の方も国に届けを出さず、なかなか「国」が動かず放置されている状態だった

あなたも好きかも:パチンコ 慶次 漆黒 199
人攫いが、″ある人物″をターゲットにした事で、業を煮やした騎士は無茶なやり方で、ウサギの賢者や国の軍機関で主力ポストにいる人物を巻き込んだ「事件」を起こした

あなたも好きかも:パチンコ ブルーハーツ
結果、法王ロッツ、ウサギの賢者、有力者の名前を利用して法改変要望書を作成し、国に出したものは可決されようとしている

「しかし面倒くさいなぁ~」ウサギの賢者はそう言ってから、秘書が淹れてくれた紅茶を有り難く啜った

「そんな面倒くさい事を、後輩で親友だからってアルセンさまに押し付けていたのは、賢者さまですよ」リリィが澄まして注意する

「うう~ん、可愛い後輩に育ってほしくて書類を整理するという、ワシが大好きな作業をアルセンにさせてあげてたんだけど」賢者がウサギの顔ながらも極めて真顔で、紅茶のカップを再び啜りながら言った

「またそんな調子の良いこと仰って

そのうちアルセンさまに細剣で貫かれますよ」そう言いながらリリィは、ウサギの賢者が記した書類を手際良く整頓して纏めた

「ケンカかぁ、アルセンとケンカなんて何時ぶりかなぁ

若い頃は、しょっちゅうしていたような気がする、何気にアルセンは短気だしぃ」ウサギの賢者にとって、「アルセンの細剣で貫かれる=昔のケンカ」に繋がったようで、思いだしては楽しそうに丸眼鏡の乗せた鼻をピクピクとさせている

「昔のケンカした事を楽しそうに話せるなんて、羨ましいです」リリィは呆れながらも、本音を述べた

「若人が何を言っているんだか

あなたも好きかも:パチンコ 会員カード 作らない
ワシがアルセンと出逢ったのは、確かアルセンがまだ美少年の13か14の頃だから、リリィだってこれから親友に出逢うかもしれないだろう?」賢者の"美少年"という表現には全く驚かないが、考えていたよりは遅い"出逢い"には大層驚いた

「え?!そうなんですか!

私は、賢者さまとアルセンさまは、凄いちっちゃい頃からの「お付き合い」かと思っていました」11才のリリィの「お付き合い」と言う言葉に、ウサギの賢者は苦笑いしながら答える

「いやいやいや、リリィ

一応アルセンは、王室とも繋がりがある、"大貴族"だからね

色々と世界が騒がしい時期でもなけりゃ、父上が国の宰相まで務めた、公爵の子息と軍学校で、出逢う事もなかっただろう」ウサギの賢者の"親友"であるアルセン・パドリックのご母堂は現国王ダガー・サンフラワーの従姉にあたる