スロット バジリスク絆2

スロット バジリスク絆2

いつもああなんだよ」「女って、よく分からないものだ

あなたも好きかも:新鬼武者 蒼剣 パチンコ
 僕も、何回騙されたか」「……それ、作中で?概念界に来てから?」「もちろんこっちに来てからだよ

 天女や、天使、魅惑的な悪魔まで あの街には沢山住んでいるからな

 君も当然通ってきただろう?」中華風の街のことを言っているようだ

頷くと「古今東西の多種多様な神話や伝説、物語のいい女たちが 揃っているんだが、なかなかに難しい……」「そ、そうか……」その話をあまり、深く聞くのもなと思いながら二人で並んで空を眺めていると美射がこちらへと駆けて戻ってきた

「スピードアップしてもらうようにソウタ君に頼んだわ

あなたも好きかも:スロット サイバー
 ちょっと事態がやばい方向に向かっている臭いが しはじめてて……」「どういうことだ?」「いや、まだ確定じゃないから、とにかく白の明星で ヴォレアゲスの概念体を探しましょう」確かに、微妙に宙へと向かう速度が上がりはじめた気がする

全員で、頭上を通り過ぎていく流星群を眺める

それから無言で、甲板の上でいつまで経っても終わらない流星群を眺めていると、次第に真っ白な球状の物体が頭上に近づいてきていることが分かる

辺りが赤いし、流星群が凄まじい勢いで降り注いでいるのでよく見ないと分からないがどうやら、目指していた星に近づきつつあるらしい

ラーシマが口をあんぐり開けて「あー本当に来てしまった……凄いなぁ」と言っているので、概念界の住人でも近づかない場所のようだ

球体を眺めていると、恐らく直径十数キロの極小の星の様だと次第に分かってくる

綺麗な球状のその地表には、畑や木造の家そして森などもあり、星全体が小さな集落のようだ

不思議なのは、小さな惑星全体の上にも下にも家があり、上から下まで犬たちが走り回っているのが見えることだ