我々だ テーブルゲーム

我々だ テーブルゲーム

聖女伝説の研究の一助にもなる

ローゼマインの側近となってから始めた研究ということにすれば、多少の粗や簡素さも説明がつく」 最上級生の研究成果にしては少し質や分量が足りないそうだ

あなたも好きかも:パチンコ ライジング
でも、ハルトムートはすでに自分で準備している研究もあるので、追加する分には特に問題ないらしい

問題は神殿に頻繁に出入りしている変わり者だと周囲から見られることだけだそうだ

「すでにローゼマイン様の信奉者と名高い私にとっては、今更ですから」 ニコリと人当たりの良い笑顔で爽やかに笑ったハルトムートだが、発言の内容は全く爽やかではない

「いつの間に名高くなっていたのですか!?」「ローゼマイン様が長い眠りについている頃です」 わたしがお披露目の時にフェシュピールを引きながら祝福をした後、貴族院に行ってからすでに聖女伝説を広げていたらしい

ハルトムートが広げたのは養父様が貴族向けに説明した盛られた設定だそうだ

 ……道理で初対面のアナスタージウス王子に胡散臭い者を見る目で見られたわけだよ!「あの時ハルトムートはわたくしの側近ではありませんでしたよね?」「母に暴走が過ぎる

あなたも好きかも:パチスロ 引き子
落ち着いて情報を得て、よく考えなさい、と言われ、一年間待つことになっていましたが、心はすでに側近でした」 ……うわぁ! 側近になる前から臣下だったって、言ってることはローデリヒと似てるのに、どうしてこんなに違って聞こえるの!? オティーリエ、貴方の息子は何年たっても落ち着いていないみたいだよ! 領地対抗戦に関して文官見習い達に指示を出した後、神官長は領主候補生とその側仕えを集めた

わたしのお茶会参加についての対策会議である

 ……お部屋で読書させてくれれば、わたしはそれでいいんだけど、ダメなんだって

 わたしを部屋から出して普通の貴族らしい生活をさせる、ということで、リヒャルダが張り切っているし、やっと自分の主と一緒に流行発信ができるとブリュンヒルデが喜んでいるので、最低限のお茶会には出ざるを得ない

「でも、今のお茶会はエーレンフェストの本が話題に上がるのですよ? わたくし、倒れない自信なんてございません」 できるだけお茶会には出たくないな、とわたしが神官長に建前を述べていると、神官長が結構大きめの魔石をいくつも連ねられたネックレスを差し出した

あなたも好きかも:金 パチンコ チラシ
「お茶会に出る時はこれを身に付けておきなさい

この魔石が半分以上染まった時点で、お茶会を退席するように