偽物語 スロット ハッピータイム継続

偽物語 スロット ハッピータイム継続

 けれど、確かに先があって、何かがあって、誰かがいて

 ――目が合う(・・・・)

 チリッと交錯した感触があって、次の瞬間には、もう切れ目が見えなくなっていた

 薄暗い『異世界』の城の庭に立つ僕が一人

あなたも好きかも:パチンコ 酒田センター
「あ……

あなたも好きかも:パチンコ 5 の つく 日
ああ(・・)……」 そして、とてもあっさりと僕は理解した

 この世界を構築する上で大切な要素を、自分のものとしていた

世界の『源』である『魔の毒』とやらが、大気で蠢いているのを正確に感じ取れるようになっている

 シスさんの言ったとおり、いつの間にか近くの『魔の毒』が『僕たちの為の力』に変換されているのがよくわかる

完全に無色透明だった『魔の毒』の色が、薄紫に染まっていた

あなたも好きかも:パチンコ 収支アプリ
 その染色作業が、例の循環能力であると理解する

 いつの間にか、僕は『魔の毒に適応できる器』として、個人単位ながらも循環を成功させていたのだ

 本当に先ほどから、何もかもシスさんの言うとおりで驚く

 ディプラクラさんの話を聞いてわからなかったことが、実際に使ったことで大体わかってきている

「す、すごい……! 視界が……!」 変換された新たな『僕の力』、薄紫の靄が広がる

 その役割は、少し予想していたものと違った

 その靄は、まるで身体の延長線上にあるかのように、五感を持っていた

 だから、一気に五感が――特に視野が広がる