石原慎太郎 カジノ

石原慎太郎 カジノ

公也自身はそもそも剣士ではないのだが、剣を武器として使うことも少なくはなく、剣の新調と複数の剣の確保の必要性を感じている

もっともロップヘブンで手に入る剣でそれほどいいと思えるようなものはなく、持っていた物よりもそれなりにいい剣を購入した、くらいの話だったが

あなたも好きかも:まどマギ 叛逆の物語 スロット 穢れ
 他にも鎧など、装備に気を配ったほうがいいのでは、と思わなくもないが、必須ではないので今のところは気にしていない

そもそも放浪魔のような例外的なものでもなければ公也の防御は魔法で十分であるし、戦闘で負けるようなことも簡単に起きることはない

公也以外の仲間、フーマルやヴィローサも公也たちのパーティーにいるが、彼らはお金を使わない

フーマルは師匠が手に入れたお金だからということになるし、ヴィローサは公也に迷惑をかけるつもりはないしそもそも特に装備は必要ない

ゆえに公也たちはお金を使うこともなく、それなりの大金を余らせている

多少の贅沢で使いきれるようなお金ではなく、ずっと贅沢をするような性格ではない

あなたも好きかも:パチンコ 共栄会館
必要な時に欲しい物を買えるようにためておく、残しておくと言った感じだ

 そうして大金を持っているからか

あるいはDランクという冒険者の中でもちょっと上の位置にいるからか

もしくは放浪魔と戦い倒すという強さを見せつけたからか

公也は少々面倒な状況にあった

「依頼終了の報告を」「はい」 いつも通り、冒険者ギルドで受けた依頼の報告をしにくる公也

放浪魔を倒しお金を得ようと、ランクが上がろうと、特にやる仕事自体は大差がない

いや、公也の場合受けることのできる依頼を受け、仕事を経験するというのが基本的な目的だ

ゆえに難易度の問題ではなく、受けているかいないか、多様性があるかないかの方が問題であり、同じ内容でしかないのならあまり受けるつもりはない

 まあ、そんな感じの方針で依頼を受け、その終了の報告をしている公也であるが、そんな公也に近づく影が一つ

「公也さん」「…………何か用か?」「ほら、前にもいったじゃないですかー