スロットまどマギ 4 ワルプル

スロットまどマギ 4 ワルプル

「生美は別

優樹も別」「けど似合ってたでしょっ?」「うーん

どうだろう?」 怪訝に首を傾げられ、「……

似合ってたはず!」と、少々ムキになって背伸びをする

あなたも好きかも:パチスロ 傷物語
そんな優樹に反町は「ったく……」と呆れ気味に苦笑した

あなたも好きかも:北見 ひまわり パチンコ
「いいよ、優樹は化粧なんかしなくても

あなたも好きかも:ガルパン パチンコ ランプ
……そんなのしなくても充分かわいいから」 優樹がキョトンとして顔を赤くすると、反町は少し微笑んだ

「それに、口紅なんか塗ってたら、キスするの躊躇する……」 そう告げて顔を近付ける反町に優樹は「……っ」と顔を真っ赤にして目を見開き背を真っ直ぐに伸ばして硬直する

身構える彼女に反町は少し笑って寸止めし、背筋を伸ばした

「化粧なんて、ブサいくがかわいく見せるためにやるモンなんだよ」「……

そ、そんなことないよっ

お化粧したら、みんな綺麗になるんだからっ」「取ったら怖くなるけど?」「……

け、けど真理乃お姉ちゃんはお化粧してもしなくても変わらないよっ?」「それはそれで、真理乃さんに失礼だと思うけどね?」「……

どうして?」「だから、優樹には化粧とかってのは十年早いってコト」 反町は苦笑すると、ムスッと頬を膨らませる優樹の手を握って、「行こう」と、笑顔で学園へと導いた

 ――そして、夏休みへと突入する

魔神ベリアルの降臨に、味方であるはずのみんなも動揺を隠せない

 怯えて震える者、息を呑んで佇む者、その力の差に呆れて笑ってしまう者まで

「そんな心配しなくていいよ