青のエクソシスト スロット ゾーン

青のエクソシスト スロット ゾーン

こえきけてうれしかった

すまほみつかるからそおにすてるね

ばいばい】 ――誤字がたくさんある

文章を確認することなく、ただひたすら文字を打ってくれたんだろうということがわかる

あなたも好きかも:パチンコ ピラミッドの謎
 じっと液晶を見つめる反町の横から真琴も腰を下ろして覗き込んでいたが、静かに立ち上がると、遠くを見つめてニヤリと笑った

「……あのお馬鹿も意地を見せてくれそうね」 そう愉快げに呟くと、スタスタと歩き出す

そんな真琴の背中を振り返り、反町は「おい!」と声を掛けて彼女を足を止めた

あなたも好きかも:岩見沢 パチンコ イベント
「どこに行くんだっ? ……優樹を助けるために来たんじゃないのかっ?」「それはあなたの役目でしょ」 真琴は振り返ると、ニヤリと不敵に笑った

「私には私の役目があるの

あなたはあなたでがんばるのね」 別れの挨拶もなく歩いていく真琴の背中を見つめ、反町はスマートフォンの文字を再び見つめた

 ――きっと、懸命にメールを打ってくれたのだろう

話しをするのもやっとだったのに……

 反町はグッと目を閉じてスマートフォン両手で掴み、抱くように背中を丸めた

「……、もう、泣かないから

……絶対、……助けるから」 誓うように呟いたあと、間を置いて目を開け、決意を新たに立ち上がってプライベートな携帯電話をポケットから取り出すと生美へ電話を掛けながら歩き出した

しばらくして《はい?》と声が届き、反町は言葉を切り出した