まぁ さ パチスロ

まぁ さ パチスロ

「結論を言ってくれな」『どうか、傭兵団から守って欲しい』「一つだけ言おう」『ええ』「俺は調査で来た

ここに村があることも漏れなく報告する所存(しょぞん)だが、そうなればその傭兵みたいな手合が多く生じる」『ええ』「村を守る者として、依頼すべきは黙秘を要求することじゃないかい?」 夜主は少し黙って

あなたも好きかも:オーストラリア メルボルン カジノ
 しかし緩やかに首を振って否定した

『村の者が健やかであれば』「…………」『永久の平和は存在しない、世の常だから』「傭兵団の撃退」『ええ』「どうあっても、この地は露呈するぞ」『覚悟の上よ』 夜主の意思は変わらない

 決然とタガネを見据えて返答する

あなたも好きかも:スロット インフィニットストラトス 問題
 この村の安寧は、秘匿された地であることが大きく影響しており、誰かに知られることそのものが脅かされることと同意義なのだ

 たとえ傭兵団を退けても

 タガネの報告によって周知される

 どうあっても平和は保たれない

あなたも好きかも:スロット バーサス
 それも承知の上で

 目先の危険な暗影を排除したい

 希(こいねが)う夜主に、タガネは嘆息した

「承った」『……いいの?』「五十なら、手に負える範疇だ」『……感謝を』 夜主が腰を折って深々と一礼する

 ふと、タガネの後ろを見遣った

 タガネもそちらを見ると、すでに日が山陰に隠れようとしている

もうすぐ夜が来るのだ

『では、支度しないと』「支度?」『村を巡回する』「……どうして」『村の皆の顔がみたい』 夜主は笑って言った

 村人を愛し、守ろうとする

 夜主としての務め、というよりも彼女本人の愛情が先立っているように見えた