ペルソナ4 パチンコ カスタム

ペルソナ4 パチンコ カスタム

「う、ううんっ

あなたも好きかも:広島 パチンコ イベント 1のつく日
いらないのでいいよっ」「優樹が好きなのを持っていってくれたら、オレも嬉しいから」 微笑む反町に、少し間を置いて「……

うん」と、恥ずかしそうに、それでも嬉しそうに笑みを溢して頷く

あなたも好きかも:パチスロ 専業 立ち回り
「パンツもいる?」 愉快げに問われ、優樹は耳まで赤くして笑みを消し、眉をつり上げ睨んだ

「欲しければあげるよ?」 どうする? と、笑顔で首を傾げられて、「もう!」と口をへの字に曲げた

「いるわけないでしょ!」「ホントに?」「……もーっ!!」 殴りたいところだが、膝の上のジュースがまだ残っている

今動くとまた溢しそうだ、という恐怖から動けずに、声と表情で不快さを露わにするが、反町はまだ愉快そうに笑って、優樹の頭をポンポン、と撫でた

あなたも好きかも:北海道 パチンコ 閉店 情報
「クマを相手に脱がす練習とかするなよ?」 ――“普段”、モタモタとしていて、すべてを反町に任せている

そのことが脳裏に浮かんでカーッと顔を赤くすると、ムカッ! と眉をつり上げフンッとそっぽ向いた

「もういいっ

やっぱりいらないっ

もういらないっ」 拗ねてしまった優樹に、反町は吹き出し笑って首を振った

「うそうそ