岡崎産業 パチスロ

岡崎産業 パチスロ

そんな中、唐突に壁が砕けて一人の人物が突入してくる

あなたも好きかも:高砂 パチンコ バイト
その瞬間、康太は槍を構え臨戦態勢に入りながら噴出の魔術を発動しその魔術師に急接近してその体をそのまま押しのけ、壁に叩きつける

「いきなり・・・ご挨拶だな・・・!」相手の言葉が理解できるということに、日本語が通じているわけではなく、アリスの翻訳がこの場でも効いているのだということを察して康太は眉を顰める

階下の文たちが心配ではあるが、この場でこの魔術師を押さえたほうがいいだろうなという結論に達する

「相手をしてる時間はないんだ

あなたも好きかも:パチンコ 一日中 同じ台
悪いがあとにしてくれないか?」「残念だが・・・こっちもガキの使いできてるわけじゃないんだ・・・!」康太の体を弾き飛ばしながら魔術師は即座に射撃系魔術によって康太の動きをけん制していく

康太は魔術を回避しながらその時点でようやく相手の体躯などを正確に把握していた

身長は百八十後半、筋肉質

あなたも好きかも:スロット 時計台
魔術師の外套を羽織っており、亀の甲羅のような仮面をつけているのが特徴的だった

そして康太はその外套が本部の人間のものであるということに気付く

「お前副本部長の部下か」「そうだといったら?」康太はわずかに思案する

文と春奈は現状優勢に戦っているようだ

この状況を変えることができる可能性があるのはこの場にこの目の前の魔術師だけ

副本部長の手のものがこんなに早くやってくるとは予想外だったが、おそらく康太たちに常に張り付いている魔術師がいたのだろう

そして早い段階でやってこられるこの魔術師だけが駆け付けたというところだろうかと康太は思案していた