緋弾のアリア2 パチンコ パスワード

緋弾のアリア2 パチンコ パスワード

……優樹、途中で眠ったんだぞ》「……う、うそっ」《ホント

あなたも好きかも:パチンコ wi-fi パスワード
覚えてないんだろ?》「……

う……っ」 優樹は顔を真っ赤にしてクマの頭に顔を伏せた

「ご、ごめんなさい……

全然覚えてない……」《やっぱりね》「で、でも、……変なこと、言ってないよね?」 焦って顔を上げて目を泳がせると、《……、まあ、クマとごっちゃになってたからいいけどね》 と、ため息混じりの返事に優樹は少し顔をしかめて首を傾げたが、すぐ真顔になって視線を落とした

あなたも好きかも:ブラックジャック ジョジョ
「……でも……、……学園行って……、ホントに、大丈夫、かな……」《大丈夫だよ》「……制服も、違うし……」《オレたちがいるから》「……学園、……出て行ったんだし……」《心配することはないよ》「……、でも……」《優樹》 優樹は口を閉じて悲しげに俯いた

《……学園に戻って来て欲しいんだ……

……少しでも多く、優樹と一緒にいたいから》「……」《毎日、会いたいんだ

朝も昼も……ホントは夜も

あなたも好きかも:パチンコ ショールーム
……だから、学園に戻って来て欲しいんだ

……優樹と一緒にいたい》「……

……うん……」《……戻って来る……?》「……

戻り……たい……、……けど……」《けど?》「……

もう、ちょっと……、様子……見る……」《……なんの様子を見たいの?》「……

明日……、学校行ったら……なんとなく……わかると、思うから……」《……じゃあ明日、本当のこと話してくれるな?》「……

……うん……」《わかった

……絶対に一人で悩むなよ?》「……うん……」《オレも、洋一たちも、みんな優樹の味方だし、優樹が学園に戻って来るならどんなことでもするつもりだから》「……」《だから、……優樹も妥協したり、諦めたりするな

……オレたちが力になるからな》「……うん……」《……優樹?》「……