カジノスロット 無料

カジノスロット 無料

あなたも好きかも:競艇 儲け 方
俺は操縦席に座ったままである

「……そうか

操縦者は彼と同じ個体と言うわけか

あなたも好きかも:江坂 スロット 5スロ
 いいだろう

君を登録しよう」「説明してもらってもいいですかね?」若い男は知的な微笑みを浮かべると「……この船の所有者は、あなたになった

 あとは、狂った時空を整えた後に 取りに来てほしい」「これ、何の船なんですか?」低姿勢で尋ねると「……後々必要となる機能が搭載されている

 説明は、他の者に任せよう、もう時間が無い

 父に、チャヌマに生きてくれと……」そう言いながら、若い男は全身がゆっくりと砂粒のようになって目のまえから消えていった

同時に辺りの景色も崩れていく

……起きると、モニターがズタズタになっていてフォルトゥナを右手に持ったナーニャが右肩ににゃからんてぃを乗せパジャマ姿で肩で息をしていた

ペップが床で気絶していて、ファイナはワハや銀海老たちを守るように、透明な虹色のバリアを張っている

慌てて立ち上がって「ナ、ナーニャ!」「お父しゃん!」娘はフォルトゥナを素早く鞘に入れると抱き着いてきた

「しゅ、襲撃があったのか!?」ナーニャは難しい顔で頷いて「あの人、本当にズルいよ

お父しゃんが意識を失ってる間に 襲ってきたの

色々壊れちゃったけど、全員生きてるよ」「そ、そうか……ありがとう

 ごめん……寝ていたのに……」ナーニャは黙って俺の頬に口づけしてそしてスッと両腕を離すと、クルッと右腕を回して虹色の粒子が噴き出している大穴を開けるとその中へとスッと入って行った

娘が完全に入ってしまうと、大穴は消える

「……」呆然と辺りを見回すしかない

操縦席こそ無事だが、モニターも副操縦席も切り裂かれている