パチンコ 野辺地

パチンコ 野辺地

「正直、最初こそ戸惑ったわ

今まで、友達らしい人は誰一人いなかったから……

あなたも好きかも:バカラ 本田 聖菜
でも、側にいるうちに自分ですらこんなに笑うようになったことに驚いているの」 今までの激昂が嘘であるかのような穏やかな物言い

 本心からそう想っていたのが伝わってくるかのように、こそばゆさもある

「私を変えてくれたのは貴女よ、アイシア

それも間違いではないわ」「だったら……」「でもね、それに甘んじることはもう許されないの

沢山の悲劇を私は見た

アレを知っていて、穏やかな生活ができると思う? あの痛みを私自身も知っている

無理なのよ、もう……」 すると穏やかに、でもどこか残念そうに微笑む

あなたも好きかも:蟹江町 パチンコ バイト
「クルシアではなく、貴女達と逢っていたら……私の人生も違っていたでしょうね」「今からだって遅くない!」「――貴女も! 貴女だってあるんじゃないの?」 頑なに自分の意見を否定する同属性の俺に、同情を求めるように尋ねられるが、「確かに不安に思うこともあるし、この先もないとは言い切れない

あなたも好きかも:ポップカルチャー パチンコ
だけど、もし道を踏み外しそうになった時は……」 俺はグイッとリュッカを引っ張り、蹲(うずくま)っているアイシアを起こし、肩を組む

「きっと助けてくれるって信じてる

私もテテュラみたいに弱いけど、一人じゃないって知ってるから……」 テテュラが俺を殺さなかったのは同属性だから

 きっと自分と同じ境遇にあったのではないかという同情

 だが、俺はそのテテュラの想いには応えられない

人を苦しめた先に、求める答えなんてあるわけがない

「リリアちゃん……」「リリィ……ぐすっ

――リリィ!!」「ぎゃあっ!?」「きゃああっ!?」 俺とリュッカはアイシアに押され倒れ込み、リュッカが下敷きになる