パチンコ 横浜町田

パチンコ 横浜町田

 その瞬間にテュポーンを始めとした主力達がライの眼前に迫り、力を八割に戻したライは力の込めた拳を放つ

それによって六匹と四人の主力は吹き飛ぶが、弾かれたテュポーンが巨腕の一つを光速以上の速度で放った

あなたも好きかも:エゥァンゲリオン パチンコ ボーダー
「……!」 その巨腕に打ち付けられ、一瞬にして数キロ吹き飛ぶ

テュポーンの持つ巨腕の威力ならば今の何万倍も離されていたのだろうが、一々(いちいち)吹き飛ばされていてはキリが無い

なので踏ん張りを利《き》かせて堪《こら》え、即座に動き出した

「そらよっと!」『フッ、ならば余も耐えねばな……!』 八割の力で殴り付け、テュポーンはそれを正面から受け止める

有言実行というべきか、その一撃を受けても吹き飛ばなかった

 しかしその衝撃で背後が広範囲消滅したが、精々惑星一つ分なので銀河系程のサイズである今の"世界樹《ユグドラシル》"でも問題無い

あなたも好きかも:2015 年 パチンコ
破壊が加速したとしても元々短時間で終わらせるつもりの戦闘

なので気に留めなかった

『私たちも続くぞ』『任せておけ!』 山程のサイズであるテュポーンと取っ組み合うライへ、アジ・ダハーカが魔法から隕石を造り出して放つ

それに続くよう、ニーズヘッグが加速して肉迫した

 それを見たライはテュポーンから跳躍して距離を置き、第二宇宙速度程の速度で降り注ぐ隕石に構えてそれを拳の風圧だけで消し去り、ニーズヘッグを踏み台にして大地へと叩き付ける

あなたも好きかも:パチンコ vipper
ニーズヘッグの落下した場所は数キロ程のクレーターが造り出され粉塵を舞い上げた

『──カッ!』『──シャッ!』「っと……!」 刹那、空中に居て身動きが取れないライに向け、ヒュドラーとヨルムンガンドが猛毒を吐きつけた

ライは空中で転換して回し蹴りを放ち、その風圧で消し飛ばす

それと同時に空気を蹴って二匹の元に迫り、そのまま目にも止まらぬ速度で二匹を吹き飛ばした

『フン、全員が容易くやられるか技を防がれているな